顎に骨を移植して骨の量を増やす

診療室

インプラントは歯周病などで歯を失った人が歯の機能を補うための治療法であり、近年注目されています。インプラントは自身の歯と同じような感覚で噛むことができ、噛んだときの感覚などもありますので、欠損歯がある時に治療法として選択する人も多くいます。けれども、インプラント治療を行うためには、あごの骨の量が、人工歯根がしっかりと固定できるくらいあることが前提条件になっています。そのため、顎骨の量が十分にないという場合、この治療法をその時点で選択することができません。そのような時に、必要な顎骨の量を確保するために行われるのが骨移植で、足りない顎骨を移植することで補い、この治療法を選択することができるようにすることが可能になるのです。

歯根を固定させる

インプラントでは顎骨の量が十分あることが治療の前提とされており、十分な顎骨量がなければこの治療法を行うことができません。そんな時に、骨移植という方法で、顎骨を補強してインプラント治療を可能にする方法があります。骨移植では別の部分の骨を顎の骨の足りない部分に移植することで、人工歯根を固定可能にしていきます。この治療法を受けることで、顎骨の量が増えますので、歯根を埋入してもしっかりと固定させることができ、インプラント治療を行うことが可能になります。骨造成ともいわれるこの治療方法は、足りない顎骨の量を適切に補うことで、その後の義歯をしっかりと支える土台を形成することができる方法でもあり、こうした治療法がインプラント治療に先駆けて行われています。

十分な骨の量が必要になる

インプラントは失った歯の機能性を取り戻すことができ、歯の審美性を高めるという点でもメリットがある治療法になります。しかし、顎の骨が十分な量なければ、治療を受けることができませんので、多くのインプラントクリニックでは顎骨の量が足りないという患者さんに対してこうした治療が行われているのです。骨移植を行うことで、適切な顎骨の量が確保できますので、人工歯根を顎骨に埋め込むため、義歯も噛む圧力に耐えられるくらいの強度で利用することができます。ただ、あごの骨はインプラントを埋入した後も義歯を適切にケアしていかなければ再び痩せてきて、せっかく埋入した人工歯根が不安定な状態になってしまうといわれていますので、治療を受ける時にはこの点は注意しておくことが必要だといわれています。このように、インプラント治療では、顎骨に歯を固定させるために必要な顎骨量を確保するための方法がとられています。